10数年前の50万円契約させられた脱毛エステ体験談・怖い話・裏話

ワキ脱毛

脱毛サロンマニアのシロコです。今回はまだ未成年だった10年以上前に脱毛エステで体験した怖い話を書いていきます。

初めて脱毛をする人にとっては、脱毛する不安よりも「勧誘されるのではないか」「契約するまで帰れないかも」「高額のローンを組まされるのでは」、という不安の方が大きいという人もいるかもしれません。

まず、現在の一般的に広告でよく見かけるような大手の脱毛サロンの多くはそこまで心配はないといってもいいです。なぜなら法律により悪質、違法な勧誘を取り締まり、私たち利用者が不利益を被らないよう守ってくれるようになったからです。

ただ、この法規制が今ほどではなかった頃はひどいものでした。私自身がその被害者でかなり痛い目に合いました。

 

今回のこの体験談は正直今の時代とはマッチしていませんが

  • エステサロンではこんな言葉をかけられ、惑わされることがある
  • 自分だけは大丈夫、と思っていても騙されることがある
  • 契約を後悔してしまった時はどうすればいいのか

ということが私の実体験を通して書かれています。

「自分の意思だったとはいえ想定外の契約をしてしまった」といったことがないよう、ちょっとした心構え程度に記事を読んでもらいたいと思います。

ちなみに現代の脱毛エステで体験してきた話はこちらでまとめています。

脱毛の体験談まとめ
「脱毛の体験談まとめ」の記事一覧です。

 

某大手の脱毛エステ店での体験談

まだ脱毛が今ほど格安料金でやってもらえる時代ではなかった10数年前のことです。

脱毛の機械がまだそんなに普及されておらず、今では500円とか見るようなワキ脱毛だけでも数十万円かかるといわれていた時代でした。

当時のシロコにとってワキ脱毛は特に興味がなく、無縁のものでした。

 

【始まりは街中のキャッチセールス】

「今、エステの無料モニターを募集していて、ちょうどあなたぐらいの年齢の人を探していました。

エステや脱毛に興味ありませんか?」

私は1人で駅へ向かっている最中にホスト風の男性がこう話しかけてきたのでした。

普段ならば知らない人(ましてや男性)を相手にする事はあり得なかったのですが、当時学生だった私には「無料モニター」という言葉はとても魅力的でつい誘いに乗ってしまったのでした。

 

 

【無料モニターを受ける事に】

誘われるままに商業ビルの中のゴージャスなワンフロアに連れられると、中には関西弁の気の強そうな女性エステティシャンが待っていました。

アンケート用紙に悩みや体験したいものを記入する欄があり、とりあえず無難そうな「ワキ脱毛」を選択しました。

上半身は下着の上からバスタオルを巻いて、ベッドに寝ころびました。

そのエステティシャンにワキを見せるなり、「あ~・・・」とため息交じりの声が聞こえてきました。そして何やら機械で5分ほどワキをチクチクと刺して終了しました。

 

【ちょっとビックリな「脅し文句」と「契約するまで帰らせない」作戦を受ける】

脱毛施術を終え、ワキ脱毛モニターについてのアンケートを書いていると先ほどの女性が来てこういいました。

「あなたのワキは他の人に比べるとかなりボロボロだし、絶対永久脱毛したほうがいいよ」と。

私が脱毛に特に興味がないことを伝えると「このまま自己処理を続けると毛穴が広がってワキガになるよ!」と神妙な面持ちで言われました。

 

その後何度か断るも、向こうは折れることなく勧誘を続け、そのうち声を荒げ始めました。

主に言っている内容はこんな感じでした。

  • あなたの為を思って言っている
  • 今のワキの状態だと毛穴が広がって汗をかきやすくなる
  • 一括払いだと高額に感じるけど、これで一生ワキ毛が生えてこないなら安いだろう
  • 自分の知人はワキの皮膚が自己処理を繰り返したことでボロボロになり皮膚移植した

など、今思えばツッコミどころ満載な必死な勧誘ですが、当時は無知であり、知らない場所から解放されず1時間以上大きな声で言われて怖くなってしまい、早くこの場から出たくて契約をしてしまったのです。

 

 

【私が支払ったお金】

ローンを組みましたが、総額は50万円でした。

帰り道、呆然としながら、「学生のシロコに50万円なんて大金、払えないよ…どうしようどうしよう」という思いが出てくるのを必死で打ち消していました。

「バイト代5万のうち、3万を毎月返済すれば何とかなるよ」「これでいいんだ、これで綺麗になれるんだ」と自分に必死に言い聞かせていたのを覚えています。

当時の私には「お金の問題で親や友人に相談する」なんてカッコ悪くてとても言えなかったのです。

 

【施術内容と不満】

永久脱毛ができるというよく分からない機械で脱毛施術が行われ、その機器や種類などは正直覚えていません。

「契約のプレゼント」として何故かワキのワックス脱毛(5000円相当らしい)がついてきました。

永久脱毛のコースを契約してるのに何故ワックス脱毛がついてくる?という疑問はだいぶ後になって出てきました。

 

【その後、親に相談すると】

実家に帰った時、母に思い切って相談をしました。

50万という金額に驚き当然叱られました。

私がまだ未成年の学生だったため、法律に強い母が即刻キャンセルの手続きと交渉をしてくれ、うろ覚えですが確か契約金額のほぼ100%を支払わずに済んだのでしたが、精神的に参ったのを今でも覚えている情けないシロコでした。

 

個人エステ店での体験談

そんな体験をしておきながら、お恥ずかしいのですが皮肉にもこの出来事以来、当初興味のなかったはずのワキ脱毛への興味が逆に一層増していました。

それから3年経ったある日、バイト先の先輩からエステの体験をオススメされた事で、また新たなトンデモ体験をすることになったのです。

 

【始まりはバイト先の接点のなかった先輩の紹介】

当時、バイト先で誰も仲間という相手がいなかった時、顔見知り程度だったバイト先の歳の離れた先輩から突然声をかけられました。

「あなたも女子大生でお金ないだろうし、良かったら私の通っているエステのタダ券あるから来ない?」

迂闊にも以前起きた50万円脱毛事件の記憶も忘れて「やった!ラッキー!行きます!」と簡単についていってしまっためでたい私でした。

無料エステ券を手に入れ、存分にお顔のエステを楽しみました。

エステからの勧誘は当然ありましたが、きっぱりと断りました。

そして帰ろうとした時のことです。

エステティシャンの人が「あなたの先輩がワキ脱毛の無料チケットもあげると言っていたから是非予約していって。」

まぁまた断ればいいや、とまんまと罠にハマった私でした。

その後、2度目にワキ脱毛の無料モニターを終わるころにはお見積りが完成しており、ソフトな言葉での長時間の勧誘がはじまったのでした。

 

【今回私が支払ったお金】

ワキ脱毛(ニードル法)という脱毛方法で、一度やれば2度と生えてこない、といわれ25万円でした。

以前の50万円からの金額提示だったのでハードルが低く感じました。

そして、長時間の勧誘と紹介してくれた先輩と次回顔を合わせることを考えるとつい断れず契約してしまったのでした。

 

【ニードル脱毛施術の内容と不満】

ニードル脱毛法は今も昔も永久脱毛には効果的とされていますが、まず痛みが半端なく、一回一回が稲妻に打たれたような痛みの連続でした。

それでも、これで2度と生えてこなくなるなら、と変な汗をかきながら耐え抜いていました。

すると後半になると痛みに慣れたのか毎回寝てしまっていました。

 

ただ、ある時気付いてしまったのです。

いつものごとく眠ってしまい、ふと目を覚ましました。

すると針での施術はしておらず、毛抜きで一生懸命ワキ毛を抜いているのです。

あれ?毛抜きでの自己処理ってNGだって言ってたのに、なんで毛抜きで抜いてるの・・・?

気のせいかと思い、2~3回様子を見てみました。

やはり、前半は電気針で施術するのですが、中盤~後半はただ、毛抜きで綺麗に毛を抜いていただけでした。

 

【ハメられた?先輩の真の目的「紹介制度」】

ニードル法での施術のはずが、ただ他人に毛抜きで毛を抜かれているのにも気付かず、私の25万のコースは終了にさしかかっていました。

当然私のワキ毛は残っています。

チケットを買い足すことをすすめられましたが、もうこんな所にお金を払えないと思いお断りをしました。

すると、そのエステの有料メンバーになることを勧められました。

 

有料メンバーになって(入会金1万円)友人に無料脱毛チケットをあげてその人が契約をすればマージンが入るというもの。

私がそもそもここに来るきっかけになった、顔見知り程度のバイト先の先輩のお金儲けに利用されたんだと気付きました。

 

【その後、潰れていたエステ】

エステティシャンもエステの在り方も、紹介してくれた先輩も信用が出来なくなり、脱毛チケット残り数回の所で足が遠のいてしまいました。

しかし、チケットを使わないのも勿体ないと思い、1年後にまた予約をしようと思ったら、そのお店も系列店もなくなっていました。

こじんまりとした小規模なエステよりも、やっぱり知名度がある大規模なエステのほうが危険も少ないなぁと感じましたね。

 

脱毛に心配があるならコレをしよう

ここまで読まれて、本当にこんなことがあるんだ、と思うかもしれませんね。

近年、私も色々な大手エステサロンの脱毛を受けましたが、10数年前に私が受けてきたようなヒドイ勧誘は全然受けませんでした。

というより、そもそもどこのエステサロンであってもその人の希望する箇所の「料金プラン」の提示だけですんなり終わった印象でした。

時代のニーズや格安で出来るシステムが脱毛業界でも構築されたためなのか、しつこい勧誘をしなくても契約してくれる需要が増えたのかもしれません。

 

初めての脱毛エステで心配な人には以下のことを気を付けてください。

『予算を決めて、計画的に生活しよう』

万が一、しつこい勧誘に合ってしまった時のことを考えて事前に予算を考えておきましょう。

脱毛サロンの公式サイトには大体料金システムは全て載っていますし、仮になくても他社の公式サイトをいくつか確認することで全体の相場は分かるはずです。

また、サロンに行って初めて聞かされるお得な情報に頭悩ませてしまうと思いますので、絶対にやりたい部位とできればやりたい部位を決めておくのも無駄な契約を防ぐポイントです。

また、予算以上のものを契約して生活がカツカツ、ということがないように日ごろの生活にかかる金額も把握しておくようにしましょう。

『脱毛エステには定期的に通おう』

今回は過去にあった2店舗のお話でしたが、実際は他の部位で他のエステサロンを利用していました。

鼻下脱毛1000円5回、という格安プランでしたが、多忙でなかなかお店に行けず、3回目予約の際には店舗(他店舗含む)は閉店をしてしまいました。

たとえ格安とはいえ、定期的に通えていたら閉店前に5回分きっちりと終えることが出来たのに、と後悔があります。

大手エステサロンでも個人店でも、それが安価であっても高額で無期限の契約だったとしても、出来るだけ期間をあけずに通うことで、払い損をする可能性も低くなると思います。

 

脱毛エステで何かおかしい、と思ったらコレをしよう

銀座カラー予約2

『何も考えずにすぐに契約はしない』

料金の説明、店員さんの態度で少しでも気になることがあれば、すぐに契約にうつるのはやめましょう。

特に「初回トライアルからの申し込みでお得に」というような謳い文句には注意です。

今、ここで決めないとお値打ちにお申込できない、と焦る気持ちはありますが一度帰って冷静になってみましょう。今どきの多くのエステはそんなに焦らせるマネはしてきません。

実際、月が変わったタイミングや他のお店でもキャンペーンは割とやっているものです。

『親や友人、消費者センターに相談する』

たとえお値打ちだったとしても、違和感があれば恥ずかしがらず、第三者の意見を聞いてみることをおすすめします。

頼れる人がいない、どうしても恥ずかしいという方は消費者センターに相談してください。

『クーリングオフ制度や中途解約をする』

契約後であっても、契約内容※によってはクーリングオフ制度が利用できる場合があります。

法的な書面(契約書)を受け取ってから8日以内であれば契約を解約することができます。

また、一部料金を支払うことで中途解約も可能です。

※期間が1か月を超え、更に金額が5万円を超えるものを言います。

 

脱毛エステサロンで本当にあったちょっと危ない話まとめ

今では考えられないような過去の脱毛エステサロンのちょっと危ないお話でした。

第3者の目から見ると、「私は絶対にひっかからないわ」と思うかもしれません。

しかし私も「自分だけはひっかからない」と豪語していた人間の1人でした。

もともと流されやすい人間だったのか、その時たまたま心の隙間を甘いお誘いが入り込んでしまったのかは分かりません。

脱毛をして綺麗になるなら、そのプロセスも楽しみながら生きていきたいものです。

少しでも苦しい、納得いかないのなら早めに誰かに相談して、心もウキウキした状態で脱毛ライフを楽しみましょう。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました