シュガーリングって何?痛みはある?VIO脱毛なの?

脱毛の体験談まとめ

編集部のレピーです。脱毛業界でもまだまだあまり知られていないシュガーリングのこと知っていますか?

シュガーリングとは何?

ワックス脱毛と同じかな?

お肌に悪いんでしょ?

敏感肌はできない?

 

いいえ。

実はお肌にとっても優しい脱毛方法なんです

みなさま‘‘貼って剥がす‘‘というイメージだけで痛みやお肌に悪い印象が多いのではないでしょうか?

今回はシュガーリングをよく知って、”ツルツルお肌“を手に入れていただくために詳しくお話ししていきます。

シュガーリングの仕組み

シュガーペーストを使います

⇒砂糖、レモン、水を溶かして練り合せたもので、みなさまの周りにもある

ごく自然な原材料です。

シュガーペーストをお肌に乗せると、体温で溶け、毛穴の中まで入っていきます。

それをエステティシャンの技術で優しくしっかり剥がすことで脱毛する仕組みです。

つまり、肌表面の毛を引っ張り抜くことではなく、毛穴の中の〈毛根、余分な角質、汚れ〉ごとしっかりオフすることができるのです。

施術後すぐにツルツルなお肌を実感できます!

 

シュガーリングのよくある質問

Q、シュガーリングはどうしてお肌に優しいの?

シュガーリングは砂糖、レモン、水のみでできた自然由来の成分を使用しているため、

アレルギー反応を起こすことがありません。

アトピー体質の方でも安心して施術を受けることができます。

毛穴にシュガーペーストが入り込み、毛根から包み混んで抜いていくため、毛穴を傷つけることなく、埋没毛もできにくいです。

Q、シュガーリングは痛みはないの?

お肌に優しい脱毛ですが、もちろん毛を抜く痛みはあります。

ただ、皮膚を過剰に引っ張る事はないので、言い換えてしまえば、〈毛を抜く痛みのみ〉あります。

Q、シュガーリングに毛の長さはどれくらい必要?

1cmくらいがちょうどいいと言われています。

毛穴の中に入り込んで抜いていく脱毛なので、短い毛の施術も可能です。

正常なお肌の状態であれば〈1ミリ〉から可能と言われています。長い場合はサロンでカットしてくれることが多いです。

ワックス脱毛のように伸ばす必要はなく、光脱毛のようにツルツルに剃る必要もありません。

初めての方は、処理せずに行き、お店の方とデザイン等相談するのがおすすめです!

※毛の処理代、デザイン代で別途金額がかかります。

Q、シュガーリングの効果や頻度は?

毛を毛根から脱毛するため、施術後すぐにツルツルなお肌になります。

余分な角質が取れるので、繰り返し行うことでお肌が綺麗になります。

お肌の角質を落とす分、施術後はしっかり保湿を行いましょう。

個人差もありますが、次の毛は施術後2週間ごろから生えてきます。また、新しく生えてくる毛は、毛先が細く、以前より柔らかい毛が生えてくると言われています

およそ月に1度のペースで通うことでツルツルなお肌を保つことができるでしょう。

Q.シュガーリングはどのエステサロンでもできるの?

いいえ。シュガーリングは技術がとても大切な施術になるため、出来るサロンが限られています。その分、施術のできるエステティシャンは講習を受け、経験を積んでいる信頼できる方ばかりです。

ワックス脱毛を行っているサロンを中心に、シュガーリングが注目されてきており、施術のできるサロンは増えてきています。

Q.シュガーリングの費用は高いの?

ワックス脱毛と比べると、少し費用は高めではあります。

先ほどお話ししたように、高度な施術技術が必要なためです。

部位ごとに施術を行えるので、まずはお試し感覚で1部位ずつ脱毛することをおすすめします。

部位によっては¥1000~などサロンによって金額がことなります。

シュガーリングはワックス脱毛とどう違うの?

“ブラジリアンワックス” のほうがみなさま馴染みのある言葉ではないですか?

ワックスでVIOを脱毛することですね。

それではワックス脱毛の仕組みについてお話ししていきます。

ワックス脱毛の仕組みとトラブル例

ワックス脱毛は主に「松やに」や「ミツロウ」を原材料としたワックスを使います。

ワックスが液状に溶けるまで温め、お肌に乗せ、皮膚から出ている部分の毛になじませます

固まるまで少し冷まし、一気に剥がすことで毛を引き抜きます。

〈お肌表面の古い角質〉も一緒にオフすることができます。

ワックスが油性の場合もあるので、その際はクレンジングで拭き取ります。施術後すぐにツルツルなお肌を実感できます。

 

しかし、

▼ワックスが溶けるまで熱してから使用するので、場合によっては

「ワックスが熱すぎる、痛い!」

 

▼お肌の表面にワックスを塗り、固め剥がす際に、粘着が強すぎで、

「皮膚までめくれてしまった」

 

▼原材料である松やになので

「アレルギーを起こしてしまう」

 

▼肌表面から毛を引き抜くので毛根を傷つけてしまう、途中でちぎれてしまう

⇒これは埋没毛の原因に!

 

実はこんなトラブルが起きているんです。

ここが大きくシュガーリングとの違いになります。

 

h3もちろん、シュガーリングにもデメリットはあります。

ワックス脱毛と表で比較してみましょう。

  シュガーリング ワックス脱毛
原材料 砂糖、レモン、水

100%自然由来

主に松やに、ミツロウ

油性 ケミカルなものもある

アレルギーが起こる可能性

肌への負担 毛穴を傷つけず、

毛根ごと優しく脱毛

粘着性が高いと、皮膚ごと

剥がれてしまう可能性

施術の熱さ 人肌~温かい 温かい~熱い

火傷の恐れあり

効果 すぐにツルツル

毛根ごと脱毛

毛穴の汚れ、角質除去

すぐにツルツル

肌表面の角質、産毛までしっかり除去

毛はちぎれてしまうものもる

痛み 痛い

毛を抜く痛み

痛い

毛を抜く痛み+肌が引っ張られる痛み

費用 ワックス脱毛より

1.5~2倍ほど高い

安い

ワックスの種類によって費用を

抑えられる

 

シュガーリングは、お肌への負担が少ない分、エステティシャンの技術が必要になります。その分費用が高くなってしまう部分がデメリットですね。

それに比べて、ワックス脱毛は費用が抑えられる分、お肌への負担、施術時の不安がかなり大きなデメリットなのではないでしょうか。

どちらも施術後にツルツルなお肌を実感できる点は同じですが、

お肌への優しさは圧倒的にシュガーリングのほうが上です。

 

今後のお肌のこともしっかり考えると、

私は断然シュガーリングをおすすめします!

シュガーリングのオススメの受け方

実はシュガーリングの直後に光脱毛を受けられることご存じですか?

 

▼光脱毛とは?

光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。

光を照射し熱を発生させることで、発毛細胞の働きを抑え、毛の再生力を抑制する脱毛方法です。

メラニンや色素に反応するもの、毛を抑制する成分を浸透させるもの、バルジ領域に熱を蓄積させ毛の再生を抑制するもの、扱う機械によって方法が数種類あります。

効果としては、毛を細くする、薄くする等、抑毛、減毛の作用があります。

光脱毛施術後、2週間前後で自然と毛が抜けていき、脱毛の効果を実感することができます。

 

▼光脱毛だけの場合

特にVIOなど毛の濃い部分は、すぐに毛が伸びてきてしまいます。

光を当ててから自然と毛が抜け始めるまでの1~2週間、チクチクして不快ですよね。そのためなかなか脱毛に通うのがためらわれる方もいると思います。

 

そこで、シュガーリング後に光脱毛を行うことで、つるすべになったお肌にしっかりと光を当て、2重で脱毛することが可能なんです。

施術後すぐにつるつるのお肌を実感でき、さらに毛が生えてくるスピードも遅く、毛を弱らせていくことが可能なんです。

 

シュガーリングの良さも、光脱毛の良さも

どっちも良いとこ取りできちゃいます!

※ただし、この方法はサロンによっては行っていない、推奨していない場合がありますので、事前に確認をお願い致します。

シュガーリング歴3年目のレピーの本音

私レピーは3年前から、シュガーリングと光脱毛をVIOのみに併用して受けています。

正直、施術を行った場所が完全に〈無毛状態〉にはなっていません。

ただ確実に毛は薄く、お肌は綺麗になっていることは実感しています。

施術直後は、いつも満足いく仕上がりで、シュガーリングを行った箇所はツルツルになります。ここは想像以上のツルツルさにびっくりします。

 

〈シュガーリング初期のころ〉

シュガーリング施術を初めてすぐは、大体2週間ほどかけて少しずつ毛が生えてきます。

4週間ほど経つと施術前の1/3くらい生えてくる感覚です。ここはかなり個人差があると思います。併用して光脱毛を行っているので、2週間後あたりからポロポロと抜けてくる毛もあります。

施術1回目から次に生えてくる毛がヘナヘナと細くなっていることが実感できました。

月に1度は施術に通っていました。

 

〈今のシュガーリング施術期間〉

今は1~3カ月に1回は脱毛に通っています。

Vの上の方など、毛がなくなりやすいのか、かなり薄くなり、脱毛部位が徐々に狭まっている感覚があります。無毛というよりも産毛に近いです。

始めに比べてかなり毛の伸びるスピードは遅くなっています。長い時では3カ月ほど放置してしまうことがありますが、それでも前回の施術前より1/2ほどしか伸びません。

 

〈シュガーリングの痛み〉

私は痛みに強い方らしく、シュガーリングの際の痛みは、粘着力の弱いガムテープを

肌に貼って剥がされるくらいの痛みです。

ただIラインは痛みが強いので、他の部位より2~3倍痛いです。Oラインは全くと言っていいほど痛みがないです。

それよりも、光脱毛の痛みのほうが強敵です。

こちらはまさに輪ゴムで弾かれる痛み、それも至近距離からです。

痛みでビクッとなるときもあります。ただ、光の強さは調整してもらえるので、弱い光から当ててもらえるので安心してください。

 

〈シュガーリングに継続して通う理由〉

やはり一番は楽だからです。

シュガーリングに通い始めてから、1度も自己処理を行っていません。

次の施術のまでにそこまで伸びることもなく、伸びてしまった部分があるときは、その場でカットしてもらいシュガーリングを行っています。

自己処理だといまいち綺麗な形が分からない、自分で見えない、のでエステティシャンに綺麗にしていただくと安心します。

光脱毛と併用することで、次回通うまでの期間も長くなり、ストレスフリーな時間が長く続きます。そこが一番うれしいです。

 

〈シュガーリングをおすすめしないパターン〉

VIOを生涯完全に無毛にしたい場合は、やはり医療脱毛が一番の近道なのかと思います。

シュガーリングは毛は薄く、生えるスピードも遅くなりますが、完全に無毛にはなりません。

しかし逆に言うと、無毛にならないため、やはりここは生やしたい、というときに元に戻すことが可能です。Vの部分は残しておきたい、と思った時に戻れるのです。

施術の際も、完全無毛のオールオフと毛を取りたいところだけ脱毛する施術と両方可能です。私は毎回エステティシャンと相談し、綺麗に形を残してもらっています。

シュガーリングのメリット兼デメリットとして生涯完全に無毛にはならないので、そこが納得いかない方は、医療脱毛のほうが向いていると思います。

これが私の知っているシュガーリングのすべてです!少しでもご参考になれば幸いです!

 

『都内でシュガーリングが受けられるサロン』

LaMina〈新宿、渋谷、六本木〉

Morena 〈世田谷〉

GUAPA WAX〈御徒町〉

ブラジリアンワックス専門店 Virgin Wax〈池袋、渋谷、六本木、新宿等〉

 

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました